忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2019年06月21日00:16 】 |
若干買われ過ぎな気がしました。

前回の取引のオープンはユーロが安値114.564円まで下落し、若干買われ過ぎな気がしました。



下値は一目均衡表の遅行線や50日移動平均線が天井として働いています。



5分足のローソクチャートから予想すると、激しい下落傾向がしばらく続いた後、終値が激しい下落傾向の中心くらいまで下落したかぶせ線で、過去2時間の中にヘッドアンドショルダーに見える様子があります。



移動平均線で様子を見てみるとはっきりと上昇トレンドといえます。



5日移動平均線が50日移動平均線より下で移動しており、5日移動平均線は下げ気味で、50日移動平均線は緩やかな上昇トレンドです。



少し前に新値足が陽転したことでレジスタンスを割り込むか注目しています。



それほどロスカットされないうちに早々に決済するつもりです。




おすすめの記事
外為オンライン
http://fxtrade.ni-moe.com/Entry/118/
PR
【2011年06月27日18:13 】 | FX
短いボックス相場の下限が見えてきます。

昨日のオープンはユーロ円が安値114.564円まで下落し、その後115.203円まで買い戻され、やや売られ過ぎで売り有利の感がありました。



少し前に新値足がゴールデンクロスしたことで天井を維持できるかどうか慎重になっています。



30分足のローソクチャートでは、はっきりとした下降が続いた後、交互に並ぶ陽線と陰線の高値が揃った毛抜き天井で、過去3時間の中に黒三兵に見える様子が伺えます。



移動平均から判断するとはっきりと上昇トレンド相場です。



30日平均より10日移動平均線が上部で移動しており、両平均線ともに激しい上昇トレンドです。



あいかわらず、20日移動平均を抵抗線に高い価格帯で推移していますが、新値足がゴールデンクロスしたことで、短いボックス相場の下限が見えてきます。



あまり損害がを増えないように次の機会で決済します。




おすすめの記事
外為オンライン
http://fxtrade.ni-moe.com/Entry/118/
【2011年06月23日00:13 】 | FX
短いBOX相場の上値が視野に入ってきます。

朝のマーケットインは米ドルが82.211円まで下落し、その後82.845円まで買い戻され、大陽線を示して予測しやすいローソクチャートを形成しました。



30分足のローソク足から予測すると、緩やかな下落基調が少し続いた後、陽線に続けて大きい陰線が現れる切り込みで、過去4時間前までに三兵のような兆候が伺えます。



少し前にローソク足がデッドクロスしたことで、短いBOX相場の上値が視野に入ってきます。



あいかわらず、短期移動平均をサポートラインに低い水準で推移していますが、再び値足が陰転したことで、中期ボックス相場の高値が見えてきます。



取引の実績を判断すると、オーダーすべきか迷ってしまいます。



ストキャスティクスから判断すると、50%より上で陽転しているので、陽転したら、その次のチャートの始値がエントリーのタイミングです。



とりあえず心配せずにオーダーで問題ないだろうと思いました。



朝の米ドル相場はかなり方向性がないので今週は穏やかなマーケットになりそうです。




おすすめの記事
外為オンライン
http://fxtrade.ni-moe.com/Entry/118/
【2011年06月18日21:13 】 | FX
かなり売り時ではないかと思いました。

一昨日のエントリーのユーロ円は114.866円で、かなり売り時ではないかと思いました。



少し前にローソク足がデッドクロスしたことで、長いボックス相場の上限が見えてきます。



30分足のローソクチャートから予測してみると、明らかな上昇基調が少し続いた後、終値が陽線の中腹付近まで下落したかぶせ線で、過去1時間の中に酒田五法の黒三兵のような兆候が見えます。



SMAで兆候を確認してみると下降状態と読めます。



5日移動平均線が50日平均より上部で推移していて、5日移動平均線ははっきりとした上げ基調で、50日平均は下げ基調です。



少し前にローソク足が陰転したことで支持線を突破するか注目しています。



口座資金の管理だけはきちっとやって、FX業者に自動決済を受けないように持ち玉を保ち続けていきます。




おすすめの記事
外為オンライン
http://fxtrade.ni-moe.com/Entry/118/
【2011年06月14日20:13 】 | FX
短期レンジ相場の下限が見えてきます。

昨夜の取引のエントリーのGBP/JPYは133.216円で、少し買い時の感がありました。



日足のローソクチャートから考慮してみると、明らかな上げが少し続いた後、安値が揃った毛抜き底で、過去2時間の中に酒田五法で言うところのヘッドアンドショルダーに見えなくもないひげが見えます。



新値足が陽転したことで、短期レンジ相場の下限が見えてきます。



少し前に終値が陽転したことでレジスタンスラインを割り込むかどうか注目しています。



SMAから予想すると明らかな下降状況と読めます。



50日平均より短期平均線が上で推移していて、短期平均線は激しい上昇傾向で、50日平均は緩やかな下降基調です。



昨日までの経験を考慮すると、エントリーするべきかどうか迷ってしまいます。



ボリンジャーバンドは売られ過ぎ圏で推移して、一目均衡表の分厚いクモがレジスタンスとして移動したことで、長期的に底堅い展開を認識できたと思います。



そのときは心配せずにエントリーをして問題ないと思いました。



それほど損をしないところで早々に決済するつもりでいます。




おすすめの記事
外為オンライン
http://fxtrade.ni-moe.com/Entry/118/
【2011年06月10日20:13 】 | FX
| ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]